銀行振込手数料を知ろう

ネット通販の利用者が増えていますから銀行振込する人も増えているはずです。
銀行の振込料っていくらか分かりますか?

それを知っているかどうかで、得する人、損する人に分かれます。

銀行振込といっても細かく分けると、パターン毎に手数料が違います。
さらに銀行によっても違いますから自分が利用している銀行を確認してみることをお勧めします。

■金額は3万円未満か3万円以上か

まず金額です。
振込金額が3万円未満か3万円以上かで振込手数料が変わります。

■銀行内での振込

次に銀行間なのか、銀行内での振込かで分かれます。
例えば山田さんが川村さんに振込みたい。
この時、山田さんも川村さんも同じ銀行に口座を持っているならば、銀行内での振込になるので手数料は安くなります。

A銀行     A銀行
山田さん  ⇒ 川村さん

■銀行間での振込

一方、山田さんと川村さんが持っている口座が、違う銀行の場合は銀行間での振込になるので手数料は高くなります。

A銀行     B銀行
山田さん  ⇒ 川村さん

■ATMかネットバンキングか

最後に振込手続きを何でやるかによっても手数料は違います。
最も振込手数料が安いのはインターネットを使ったネットバンキングです。
ネットバンキングを利用するためには、あらかじめ銀行に申し込んでおく必要があります。

ネットバンキングの申し込みをしていない人は、銀行窓口かATMでの手続きになります。
振込手数料はネットバンキングよりも割高になります。

以上を整理して振込手数料を比較してみます。

■ジャパンネット銀行の振込手数料

3万円未満 銀行内手数料 54円
3万円以上 銀行内手数料 54円

3万円未満 銀行間手数料 172円
3万円以上 銀行間手数料 270円

■楽天銀行の振込手数料

3万円未満 銀行内手数料 無料
3万円以上 銀行内手数料 無料

3万円未満 銀行間手数料 165円
3万円以上 銀行間手数料 258円

■私が住んでいる地域の某地方銀行の振込手数料

インターネットバンキングの場合

3万円未満 銀行内手数料 無料
3万円以上 銀行内手数料 無料

3万円未満 銀行間手数料 216円
3万円以上 銀行間手数料 432円

ATMの場合

3万円未満 銀行内で同一店舗内の手数料 無料
3万円以上 銀行内で同一店舗内の手数料 無料

3万円未満 銀行内で店舗間の手数料 108円
3万円以上 銀行内で店舗間の手数料 216円

3万円未満 銀行間手数料 324円
3万円以上 銀行間手数料 540円
このように比較してみると、いかにジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット専用銀行の手数料が安いか分かりやすいですね。

楽天銀行 カンタン申込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です